曹洞宗 龍谷山 松岳寺 曹洞宗 龍谷山 松岳寺 曹洞宗 龍谷山 松岳寺 曹洞宗 龍谷山 松岳寺
松岳寺トップページ
松岳寺の歴史
松岳寺の境内
松岳寺のご供養
本堂建立事業
近年行事・法要
霊園案内
松岳寺関連リンク
松岳寺までの交通
お問い合せ・資料請求

結制法要
結制とは、お釈迦さまが定められた制度や制約にしたがい、修行僧が結集することです。
結制とは、結集の「結」と制度の「制」とを熟語にしてできたものです。また、結制は、ほかに「安居(あんご)」ともいいます。
インドでは、四月から七月にかけて雨期となり、毎日雨が降り続きます。お釈迦さまがこの時期、精舎(お寺)にこもり、修行したのが結制のはじまりです。
やがて中国に伝わり、夏と冬の二回、約九十日にわたって行われるようになりました。日本では現在、禅宗が伝え行っています。

 
結制法要 法戦式法要
結制法要 法戦式法要
 
平成19年11月2〜3日
結制法要 法戦式法要


【入寺式(請首座法】 11月2日
寺院では、「首座入寺式(しゅそにゅうじしき)」といいます。結制修行中には、修行僧の先頭に立つ「首座」という役がおかれています。
曹洞宗では、僧侶になるために、だれでも一度はこの職をつとめます。

−本堂を坐禅堂として−
入寺式

入寺式

入寺式
入寺式



【土地堂念誦】 11月2日
寺院を守護している諸々の仏さまや神さまに結制安居修行の無事を祈ります。

土地堂念誦

土地堂念誦

土地堂念誦

土地堂念誦



【本則・配役行茶】
寺院では、「本則・配役行茶」といいます。
晋山または結制をつとめるにあたっては、多くの方々の援助、お手伝いなしには、大法要の無事円成はありえません。そのために、種々の役割があります。この役割を発表してお手伝いをお願いします。
さらに、翌日の「首座法座」を行うにあたっての講義がなされます。このとき、中心となる課題「本則」が発表されます。これが終わると全員でお茶をいただきます。これが「行茶」です。中国ではじまったもので、日本に伝えられ、禅宗に残された古式のもので、茶道などの作法に多大な影響を与えたといわれます。

本則・配役行茶

本則・配役行茶

本則・配役行茶

本則・配役行茶

本則・配役行茶

本則・配役行茶



 
次の写真
次の写真
 

トップページ松岳寺の歴史境内のご案内とあわしま様ご供養・行事のご案内本堂建立事業

近年行事・法要霊園案内関連リンク集交通のご案内お問い合せ・資料請求よくあるご質問

 
曹洞宗 龍谷山 松岳寺