曹洞宗 龍谷山 松岳寺 曹洞宗 龍谷山 松岳寺 曹洞宗 龍谷山 松岳寺 曹洞宗 龍谷山 松岳寺
松岳寺トップページ
松岳寺の歴史
松岳寺の境内
松岳寺のご供養・行事
松岳寺本堂改築計画
近年行事・法要
霊園案内
松岳寺関連リンク
松岳寺までの交通
お問い合せ・資料請求
松岳寺の歴史


寛永元年(1624年)3月開創
大庄屋池田重良平が結城市乗国寺11世民安祖養大和尚を拝請し開創す。
開基は沖新田開拓者池田沖右衛門。
数度の水害に遭遇し、寺誌、過去帳、記録書類流出する。
昭和30年より同54年まで住職がいない時代が続いた。

本山
・永平寺(福井県)
・總持寺(横浜市)

本尊
本尊十一面観世音菩薩


曹洞宗には上記のように2つの本山があります。
福井県の永平寺(高祖道元禅師開山)
神奈川県の總持寺(太祖瑩山禅師開山)
いずれも両大本山で、曹洞宗の根本道場であり、信仰のみなもとです。
この両大本山を中心に、曹洞宗は全国に現在1万5千カ寺、約1千万人の檀信徒により外護されている、わが国最大の仏教宗派です。
読誦されている経典は、修証義、般若心経、観音経などをお読みいたします。


禅の教えは、達磨大師によって中国に伝えられましたが、その教えを継いだ6代目の慧能禅師の後に大いに発展します。
「曹洞宗」の名称には色々な説があります。今日では慧能(えのう)禅師が教えを説いた「曹溪」という地名と良价(りょうかい)禅師が同じく教えを説いた「洞山」という地名の頭文字をとって「曹洞宗」になったとされています。
わが国では、如浄(にょじょう)禅師から道元禅師によって伝えられ、瑩山禅師の時代に初めて公称されるようになりました。


日本曹洞宗の系譜


道元禅師…仏性伝東国師・承陽大師 道元禅師についてもっと詳しく
瑩山禅師…弘徳圓明国師・常済大師 瑩山禅師についてもっと詳しく



 

トップページ松岳寺の歴史境内のご案内とあわしま様ご供養・行事のご案内本堂建立事業

近年行事・法要霊園案内関連リンク集交通のご案内お問い合せ・資料請求よくあるご質問

 
曹洞宗 龍谷山 松岳寺